Skip to main content

My Great Place to Work

Yusuke Blog And Social 650X440 R1

Author: Yusuke Muramatsu, Systems Engineer

My career began as a network engineer at an IT vendor. Initially responsible for network operations, I progressed to design and testing roles and eventually took on more upstream responsibilities, transitioning from operations to consulting and pre-sales. The system design, project management and consulting skills acquired along this journey are the foundation of my current capabilities.

Having experienced the full spectrum of roles in the networking domain, I felt I had accomplished what I could and decided to take the next step forward. With a longstanding interest in the security field and an opportune opening at Palo Alto Networks, I applied and was hired as a pre-sales engineer.

As a newly hired pre-sales engineer, I faced two main challenges. First, catching up on security solutions such as endpoint security, cloud security and security operations, which were new to me despite my existing network skills. Second, developing presentation skills to effectively communicate the value of products to customers while maintaining an engineering perspective.

Palo Alto Networks continuously expands its product portfolio and functionalities. Moreover, abundant training opportunities enable us to stay updated with the latest developments. Through these training programs, I was able to familiarize myself with previously unfamiliar products. Additionally, in the sales role, my sales counterpart facilitated smooth interactions with customers, providing an atmosphere conducive to technical discussions. Therefore, I believe choosing Palo Alto Networks for this new career challenge was the right decision.

Within Palo Alto Networks, there are various career paths, such as aiming for higher technical positions like security architect or venturing into management roles to acquire soft skills distinct from technical expertise. I have the opportunity to discuss and receive advice from my direct supervisor to choose the career path that aligns with my aspirations.

While forming a career, the ease of working within the company is crucial. Palo Alto Networks offers a workplace environment conducive to maintaining a healthy work-life balance. Particularly, the "Family Care Leave" system, which grants five days of leave annually, allows me to take time off in half-day increments. This system has been immensely helpful, especially when my child falls ill suddenly, as my spouse also works. Apart from Family Care Leave, there is also sick leave and annual paid leave, allowing me to spend quality time with my family and rejuvenate myself.

For those considering embarking on a new career, I look forward to the possibility of working together! Click here to find out more about opportunities at Palo Alto Networks!

私にとって働きがいのある会社 

 

 私のキャリアはITベンダーにてネットワークエンジニアとしてスタートしました。はじめはネットワークの運用を担当し、設計/テスト担当を経てより上流工程を担当するようになり、最終的には運用からコンサルティング、プリセールスまでを担当するようになりました。その過程で身につけたシステムデザイン、プロジェクトマネジメントやコンサルティング能力は今の私の礎になっています。

 一通りの工程を経験し、ネットワーク領域で経験できることはやりきったと思い、次の新しい一歩を踏み出そうと考えました。当初からセキュリティ領域に興味があった事と、タイミング良くパロアルトネットワークスでのオープンポジションがあったため、これに応募して縁あってプリセールスエンジニアとして採用されました。

 プリセールスエンジニアとして採用された私には、2つのチャレンジがありました。1つはエンドポイント、クラウドセキュリティ、セキュリティ運用などセキュリティと名の付くソリューションへのキャッチアップです。元々ネットワークのスキルは持っていたのですが、これらのスキルはほぼゼロから学ぶ必要がありました。もう一つがセールスロールとして、エンジニア視点を持ちながらプロダクトの価値をお客様に感じてもらうためのプレゼンテーションスキルです。

 パロアルトネットワークスでは、セキュリティ領域の「プラットフォーム化」をコンセプトに扱う製品やその機能は日々拡張されています。一方でスキルイネーブルメントのための研修やトレーニングが豊富にあり、これらを通じて最新のアップデートにキャッチアップ出来る環境が整っております。全く知らなかった製品についてもこれらの研修を受講することで必然的に身につけることが出来ました。またセールスロールについても、ペアとなる営業担当が、お客様と話しやすい雰囲気を作ったうえで技術的な説明の場を用意してくれるため、スムーズに対応することが出来ました。そのため新しいキャリアに挑戦する場としてパロアルトネットワークスを選んで良かったと思っております。

 パロアルトネットワークスの中でのキャリアパスには、セキュリティアーキテクトの様に技術に軸足を置きながらより高いレベルを目指すのか、マネージメントロールに挑戦して、テクニカルとは別のソフトスキルを身に着けるのかななどの選択肢があり、自分の進みたいキャリアを選ぶ機会があります。これは直属の上司にフランクに相談することができ、アドバイスも貰えます。

 またキャリアを形成する上で社内での仕事のしやすさはとても重要ですが、ワークライフバランスを考慮した働き方が出来るかどうかを気にされる方は多いと思います。私は家庭と仕事を両立しやすい職場としてパロアルトネットワークスが提供する職場環境に大変満足しております。特に「ファミリーケア休暇」という仕組みがあり、毎年5日の休暇が付与され半日単位で取得することができます。私の場合は子どもが小さくて妻も働いているため、子どもが急に熱を出した時に休める仕組みに大変助けられております。ファミリーケア休暇とは別枠で、傷病休暇・年次有給休暇もあるので、家族と旅行したり自分自身がリフレッシュしたりもできます。

 新しいキャリアを踏み出そうとしている方がこのブログを御覧になっているのであれば、一緒に働けることを楽しみにしております!

Related Posts